イタリア料理店を退職し、次はラーメン屋…!
しかも、突然の店長!?
まさかの展開!どうなる!?私!?

そんな姉妹でやっている柳家東安庭店の裏話。
イタリア旅行6日目


〜6日目〜



イタリア最終日です。あっという間でした。
みんななごり惜しいように早起きです。
日が上がるのを待ちます。
最初は霧で観えづらかったアルプス山脈でしたが、
最後の最後の日は霧がスカッと晴れて、くっきりと観えます。
おぅおぅ、最終日にやってくれるね!アルプス山脈!!
だんだんとお日様が上って!ちょっとまぶしいっ

甘い甘い朝食。
毎朝の甘〜いチョコミルクも今日まで。
なごりおしいっす。

シェフもなごりおしそうです。
荷物をバスにつめ、移動です。
「このままミラノへまっすぐいきます」
え!?途中でお土産!お土産時間は!?
しまったー!昨日買っとけばよかったよぉ〜…とほほ。

バスの中ではひとりひとり今回の旅行についての感想の発表です。
おみやげーーー!!
しかたない。ミラノで買えばいいさ。
トリノ→ミラノまで約4時間ぐらい〜?寝ていたのであっという間でした。
昼ごはんです!レストランです!わお!わお!!
お料理はこのツアーでおまかせになってます。
ミラノってことはー、リゾットとカツレツかな〜?
まずはビールをぐびっと!

私は白ワイン。


シェフは赤ワイン。
ワインもいっしょに頂きます。
料理はやっぱり!

ミラノ風リゾット!(サフランのリゾット)

ミラノ風カツレツ!!とサラダと

ふふふ、やっぱそう来ましたか!ミラノですからね!

そしてデザートも頂きました。


今日はここまで!つづく…

イタリア旅行記 - -
イタリア旅行記5日目
 


〜5日目〜

朝4時…。
うーん、緊張なのか、今日という日がワクワクして興奮してるか、寝てるのがもったいないのか…。
今日も早起きです。
イタリアを楽しまなきゃ…!
今日こそはイタリアらしいことを味わってやる…!
そう思いながらコーラを飲みながらじっと朝日が昇るのを待ちました。
「カッフェ、ウーノ!」
朝一発目のエスプレッソ!んん〜、いいクレマだ!
「グラッチェ!」
お金を置いて食堂に向かいます。
「チョコラータ、ウーノ!!」
さっき、エスプレッソ飲んでスッキリしたのに何チョコドリンク飲んでるのだ私は。
「グラッチェ!!」
今、思い出すとわけわかんない行動してたような…


チョコラータと、ケーキと、コーンフレークにチョコパフどっぷり
朝から甘甘です。
バスに乗って、会場に到着です。
もう、長距離のバスの移動も慣れてきて、苦じゃなくなってきました。
「よし、今日はイタリア観光をしよう」
そんな声が聞こえて来たのが今回一緒に同行していた高校生と面倒見のいいおじさま。
なに?なになになに〜???
「シェフ、今日の予定はどうするんですか?」
「セミナーを受けてくるよ」
「んーーーーー…、今回私は高校生に交じっていいですかね?」
「行ってこい」
よっしゃ!!
私も高校生に交じってイタリア観光に行くことにしました!
会場の外にでました。ちょっと脱出した気分です。
ここからは、日本人が少なくなります。
はぐれたらやばいなー…。
初めてタクシーに乗ります。
地図を広げ、ココ!ココ!と指をさします。

タクシーを走らせ、5分ぐらい立つとだんだん古い建物が目立ちます。
ほほぅと芸術的な建物です。素敵です。
街の中を探検。
トリノは宮殿がいっぱいある街だそうです。
まずは宮殿を探し!

そのころシェフは…。

セミナーを受けてました(どこ見てんだ?)
お、焼き栗焼き栗!!
カップで計って紙袋に入れて売ってくれます。
あっつあつです。

地図の自動販売機がありました!
記念に一枚!!
しかし、お金を入れてもなかなか感知してくれず、
何回も挑戦したらようやく出てきました。
裏にはトリノの名所が…
ん?
ミラノのことも書いてあるぞ?なぜなぜ?

トリノにも鳩がいっぱいいます。
とてもくつろいでいて、草にうまっちゃってます。
気持良さそうです。
そのころシェフも…。

くつろいでいました。(お疲れだったんですね)
宮殿に到着 お!噴水噴水!!
ん?

鳩が水浴びしてます。
へぇ!鳩が水浴びしてるのなんて初めて見た!!
かなり気持良さそうです。
宮殿の中にお邪魔しました。
壁の彫ってあるのがカッコイイ!!
鎧や兜の浮き彫りです。
カッコイイカッコイイ!!

中は歴史を感じます。
昔の姿をそのまま残してるんですね。
でも、ここは観るだけで入ってはいけません。
こんな感じで見学。ほほぅ〜
しかしまぁ、ぐるっと見学して、どうやったらこんな建物が作れるんだろう?と
不思議がいっぱいです。
壁や天井、芸術だらけです。細かいです。うっとりです。
次に向かったのがトリノでも親しまれている塔”モーレ・アントネリアーナ”
167メートルもある高い高い塔です。
中は国立の映画博物館なんです。

中に入るとこんな感じです。
外観とは違い、近代的な雰囲気!
すごいギャップです。
映画のセットや色んな展示物が飾ってます。
だまし絵のコーナーもありました。
もうだまされまくりです。

有名な映画の展示物も!!

こちらは自分で体感できるコーナー 不思議な世界に引き込まれます。

ぎゅぃぃぃんっと!
あまり時間がなくてじっくりとは観れませんでした。
時間があれば一日中遊べ場所だと思います。
さて、ここに来たら屋上に行くっきゃないっしょ!
162メートルからトリノの景色を!!
エレベーターで屋上へ!!

登ってみてビックリしました!
オレンジ色の屋根がズラーーーーーーーっと並んでいるんです!
少し霧が出ていて残念でしたが、絶景です! こりゃあ、上から見なきゃ気づかなかったなぁ…。
トリノの風景を満喫し、次はエジプト博物館へ!!
え?イタリアにエジプト博物館があるの?なぜ?なぜ?

神秘的な空間。なんか騒いではいけないような気がします。
イタリアでエジプト…。うーん不思議でなりません。
お昼になりました!
「お!ここで食べよう!」とすぐ近くのお店に入ります。
バイキング式で、自分で取りに行きます。
うーーーんどれにしようかな??と悩んでいると、定員のおじさんが近づいてきました。
お皿を渡して、とジェスチャーしてきます。
んー?と、お皿を渡すと、ガツガツガツガツガツガツ盛りだしました。
そしてドン!と渡されました。
きっと、どうすればいいかわからなくて困ってるように見えたんだろうな…。
ありがとう、おじさん。うん大盛りっすね。
いっぱい食べた!町並みを歩きます。
ん?なんかぶら下がっている?
どうやらペットボトルをチリチリにしてぶら下げてます。
ふわふわと中に浮いているみたいです。
聞く所によると、夜にライトアップするとか…。
みたかったなー みたかったよー
町のスーパーに行ってお土産を買うことに!
鶏のとさかや牛の脳みそまで売ってる!!やっぱ普通に食べてるんだねー!!
魚の種類もいろんなのがあります。
でも、生ものさすがに買えないなぁ

チョコのコーナーを見ます。やっぱチョコはトリノっしょ!
うーん…。チョコはパックに入っており、ふつう一般に売られているようなチョコしかありませんでした。
そりゃあスーパーだもんなーっ
ん〜、ほかの店でトリノでしか買えなさそうなチョコを探そうっと!
でも、一応念の為、チョコの盛り合わせを購入。
外に出ると機関車が!!
焼き栗売ってました。色んなスタイルで販売してるんですね〜!
栗の甘い香りがぷぅ〜んっと漂ってきます。
さて、トリノの街見学はここまでで、テッラ・マードレの閉会式をです。
会場は、一番最初に行われたトリノオリンピックの会場です。
こりゃまたうん千人集まっています。
ちょっと長い演説がはじまり、
そして演説が終わると、各国の音楽が演奏が始まります。

それはそれは異様なほどの盛り上がりでした!
世界中の人達が音楽に合わせ手を取り合って踊って踊って踊ってました。
私もだれかわからない人と踊ってました。

途中でシェフと合流。
そういえば、シェフは別行動で、ディナーにいったんだっけ!
こりゃあ、あとで感想聞かなきゃな!
シェフ、クッタクタです。おつかれ!
ふぅ…。
今日は歩き回って、踊りまくってクタクタでした。
…今日でこの部屋もお別れか…。
テレビもなくて冷蔵庫もない部屋。
はじめはどうなるかと思ったのですが、
すっかりこの頃にはこの部屋が好きになってました。
荷物片付けないと…。
思ったより、荷物はスカスカです。
あ…!お土産買わないと!!
明日はトリノを出てミラノへ!
…出発前にチョコ買わないと!

6日目に続く…
イタリア旅行記 - -
イタリア旅行記4日目


〜4日目〜


昨日はあんなに疲れたのに、緊張のせいか早く目が覚めてしまいました。
朝5時。外はまだ真っ暗です。
イタリアの時間設定って、日本とちがうのかな〜?と朝日が出るのをベランダでじっと待ちます。
うーーん、ながい…。
7時。朝食の時間がきました。それでもまだ日は昇らない。
朝食は、コーンフレーク、ヨーグルト、ケーキとチョコミルクと甘甘です。
ちょっと、お米が恋しくなってきました。
ペロッと朝食を食べ、出発です。
7時15分(朝食の時間短っ!)
ちょっとだけ空が明るくなってきました。
バスに乗ります。
「今度こそピエモンテ牛撮れよーーー!!」
パシャパシャパシャ!!
うッ!やっぱり酔った…!!

二時間後、
昨日と同じ会場に到着!
オゥ?!飛行機が飛んでる!バルーンだバルーン!
今日は、二日目で、しかも土曜日きたもんだから力が入ってるみたいです。
さて、今回こそ計画的に行動するぞ〜!!
そして、混まないうちにまだ行っていない会場の奥へいきました。

会場内は変わった道具が置いてあります。

ついにきた!サンダニエーレ産の生ハム!!一面に生ハムがぶら下がってます!!

いつもお店で食べてるけど、イタリアで食べれるのがうれしくてうれしくて思わず試食!
くぅ〜!!うちのお店でも使ってるんですよー!と言いたくなってしまいました!
「うわっ!!なんだありゃ!?」
豚肉丸々ローストも置いてました。
ちょっと衝撃的っす!
ブタってでかいなぁ!
きた!パルミジャーノ・レッジャーノの会社です!
うおぉ!初めてパルミジャーノの丸々の姿をみたっす!
そして、パルミジャーノの熟成期間でランクが決まるというのも初めて知りました。
そして、パルミジャーノの造る会社もいっぱいあるのも…。
切り立てのパルミジャーノを試食♪
熟成によってかなり味わいが変わります。
そして、パルミジャーノの携帯ストラップと、鉛筆を手に入れました!(チーズで出来てるわけじゃないっすよ!)
おっと!もうこんな時間だ!
セミナーもおこなわれます。
通訳ヘットホンをつけてセミナーも受けてきました。

セミナーが終わって、元の会場にダッシュ! 会場の奥に”エノテカ”があるのです。 ワインの種類は数百本!!世界各国のワインが集まってます。 チケットを買って、チケットを渡して、ワインを注いでもらいます。 なんと、ワイングラスとワインの入れ物がついてきます! え?持って帰れるの?すげぇ! チケットがなくなって買い足す時、ソムリエナイフももらえます! これはいいお土産だ♪

そして、テーブルに座ってゆっくり飲めます。
テーブルの上にはグリッシーニが置いてあり、自由に食べれます。

料理も会場内で売っており、おつまみに♪

 
コロッとドーナツみたいな食べ物!
中にはグリーンオリーブが入っていて、意外でした!!
こ、これは!?ピエモンテ牛の生ソーセージが!!

シェフも大絶賛!短角牛と同じようにギュウっと味が濃いっす!
「あぁ、ピエモンテ牛食べれた…!」
鉄分の強い味わいで、短角牛を思い出してしまいました。
チーズも数種類もつまみました。
ワインが進む進む!


ワインがなくなりまたとりに行ってきたら
今度は生カキが…。
小さいカキですが、中はでっかいカキ!レモンを絞ってシンプルに!
そして、チョコの盛り合わせもありました。


古いヴィンテージのバルサミコを詰めたチョコや、ヌガーなど
んー!おいしいけど、何を食べてるのかだんだん混乱混乱!


うおっ!生ハムもあるー!!こまったー!

     いろんなチョコ食べ比べできます。
エノテカも食材やワインがありすぎて混乱混乱!
頭がグルグルして具合が悪くなってきたので息抜きに外へ出ることにしました。
あちゃー、もう人がわんさかいます。
ぷーーーんっとすごい香りが漂います。
うぉ!?これチーズ!?
灰色のチーズです。一面に炭がまぶされているのか、カビなのか…。
味も強烈!つーんとつよいチーズです。
おなかはかなりいっぱいだったけど、ここで食べなきゃ二度と食べれないと思い、
とにかく食べました。
イカのフリットは絶品!
衣がカリカリっと揚がってて、中のイカの味の濃い!濃い〜!ゲップ!

あいややや…。
ありすぎるぅ〜っ…。


あっと言う間に時間が過ぎ、もう帰る時間が来ました。
きっと、会場の人みんなおなかいっぱいだったろうなぁ、と思います。

シェフ、看板持って人集め。なーにやってんだか…。
ホテルに着いて、夕ごはんです。
今日は、お酒を持ち込んで宴会です!
なぜかベルギービールと!!
「よかったらこれ食べて」
し、白トリュフ!!!
あの、あっという間に売り切れてなくなった白トリュフをもらいました。
スライスして食べました。
あぁ!これが白トリュフか!!
黒いトリュフと比べられないほどの香り!!
噛みしめたあとに広がる味わい!!ついに白トリュフを食べれたーーー!!

と、大満足な一日でした!
あぁ、イタリアっていいなぁー!!
ん?イタリアはイタリアだけど、ずっと会場内にいて、本当のイタリアを感じてないような…?
うーん、イタリアに来たんだから、イタリアらしいところに行かないとなぁ…
とベットでイタリアのコカ・コーラを飲みながら眠りにつきました。

イタリア旅行記 - -
イタリア旅行期3日目
 


〜3日目〜



朝5時…。
目覚まし時計より早く目を覚ましてしまった。
目覚まし時計に勝った気分だ…!
ホテルの朝食は朝7時。バスの出発は7時15分です。
え?15分しか食べる時間ないのかい!?
飛び散った洗面用具をかき集め、シャワーを浴び、準備をしました。
持ってきたシャンプー、使い切ってしまった…。
ま、買ってくればいっか!
ベランダに出ると霧が出ていて真っ暗です。
イタリアの朝は遅いのか…。
時間はあっという間にすぎ、食堂に向かいます。


朝食はセルフ式でシンプルな朝食っす
コーンフレーク、パン、ヨーグルト
コーヒーか、ホットチョコを選べます。
もちろんホットチョコレート!
朝から甘甘です。
15分しか時間がないので急いで食べます。

「昨日、外国の方と踊ったのどうだった?」
ありゃ!いつの間に昨日の夜のことがみんなに知れ渡っている…!


ロビーに出るとシェフはエスプレッソを飲んでいました。
お!!ずるい!!私もカッフェ!!
「そろそろ時間なのでバスにいきますよー」
カッフェ〜!!


バスに乗って山を下ります。
だんだん日が出てきて、改めてこんな山奥に泊まったんだなーと納得。

「いやー、山ですねー!絶景ですねー!!」
みんな台興奮!!
「岩泉とそんなに変わんないっすよ」
岩泉から来た短角牛の生産者の息子(高校生)がボソリ。
そう言われると―。そうかもね〜…。
だんだんと街に出てきます。
出てきた道に看板が立ってました。
ん?注意書きがいっぱい…!!
私たちはこんな道の山のホテルに泊まったのか…!!


「あ!牛だ!!」
「もしかしてピエモンテ牛なんじゃないか!!? 写真撮れ!写真!!」
「バスの揺れとスピードじゃ、ブレますよ〜!」
「いいから!撮れ!!撮るんだ!!」
ピエモンテ牛らしき牛を見つけるたびにシャッターを切ります。
「うぅぅ、無理ですよー」
「いいから撮れ!!」




「そこにも牛がいるぞーーー!」
「はいー!!」
カシャカシャ!!
「どうだ?取れたか?」
「バッチリっす!」
「よし!」
こういう時は空返事が一番!
しかし、カメラは嘘はつけないっすね…。
あぁ…、酔った…。この後はバスの中でグッタリです。


―…バスの中で爆睡…。
おっと!会場についたか!!
赤い輪っかが見えます。
会場は、トリノオリンピックの元スケート会場です。
さすがイタリア!ガラス張りの変わった形のした建物です。
会場の外には世界中の人が歩いています。
話しかけられたらどうしよう…
イタリア語も英語もしゃべれないしなぁ〜





会場内はこんな感じでブースがいっぱい並んでいます。
そのブース、そのブースで各国の郷土食材を置いているのです。
会場はすごく広く、歩き回るのでも一苦労。
私たちは開演時間より早く来たので、道が空いています。



空いているうちに探索探索♪シェフは色々とかぎまわります。

おいしそうなチーズ!
松の実やクミン、葡萄の搾りかすをまぶした変わったチーズがありました。
食べたいなぁ…。
すると販売している人がジェスチャーで食べるしぐさをします。
「え?食べていいの?食べていいの??」
少し切り分けて食べさせてくれました。
うぅぅ!うんまい!!
ここのコーナーはイタリアチーズのコーナーです。
ピエモンテあたりなのかな??
色んな食材が展示してます。
干し肉?
食べたそうにアピールしますが
定員さんはシェフと話し込んでいて気づいてもらえません。
「あーうー」と、シェフ、がんばって交流をふかめようとしてます。
シェフ、初めての食材でウキウキです。
クレープ生地みたいなものをお買い上げ!
その場でパクパク!
するとおじさんは「チガウチガウ!」と手を横にふります。
どうやら、この生地は一度茹でて、にソースをあえて食べるそうです。
「こ、こんな食材があるとは知らなかった!」
べつのブーズにはまたチーズが…。
やばい、まださっきのちゃんと覚えてないのに次のチーズに来てしまったよ…。
そして数種類もあります。定員さんは喜んで試食を進めてきます。
ペコリーノチーズみたいな風味
なるほど、羊などのチーズを使っているんだな!

進むにつれチーズのコーナーはまだまだあります。
こ…これは、試食だけでも、おなか苦しくなりそうだ…!


チーズだけじゃなく、蜂蜜も売ってます。
蜂まで登場です!
プリップリのプチトマト!も!
ラデッィオ!野菜ももちろん!
私たちにとってはめずらしいですが、こちらの国では当たり前にある食材なんですね〜!
ジャムもあります。
うーーーん、どれもこれも食べたい。というより食べたっすけどね♪
ジェラードー♪やっぱりイタリアに着たらジェラードっしょ♪
おじさん生ハムをさばさば…。
お!すごい色の生ハムだ!
熟成が思いっきりすすんだ生ハムみたいです。
味わいも濃く、どくどくなあじわいです。
お!カチャカヴァロ!カチャカヴァロ!
これは知ってるぞ〜!
色が黄色くなっているのはスモークがかかってるそうです。
おおおおおおおお!!
ちょ、ちょっとまったー!!
どんだけブースがあるんだ!?
からすみ、セモリナ粉、オリーブなど
次のブース、次のブースあらゆる食材が展示されてます。
しかも、試食できるってもんだー!
後のことを考えて、少しずつ試食したつもりが
おなかいっぱいになってきたぞ〜!
頭の中が混乱してきたので場所を移動してちょっと気分転換。
ふぅ〜、あんなにあるなんてびっくりしたなー
しかし、館内のブースはまだまだあります。
どれから回ればいいかな〜?ん?シェフ??
シェフーーー???
シェフとはぐれてしまった!!しまったーーー!!!
こんな中見つけ出すのは難しいな…。
集合バスの時間は6時です。
んー、そのうちみつかるっしょ。ちょっと一人でプラプラしよっと!


ちょっと離れたところに別の国の食材がおいてありました。
豆など、そしてその豆を細かく砕き、伸ばして焼いたもの、
お?でっかいカタツムリ!拳ぐらいの大きさでモジモジと動いてます。
「これなんですか?」
「エスカルゴ」
おっ、言葉通じたぞ!
「サンキューサンキュー!」
…、今思えば私は何に対してありがとうと言ったんだろうか…。
でっかいエスカルゴ!買って帰りたかったけど、空港で引っかかるだろうな。
会場の外へ出てみると音楽が聞こえてきます。
そうそう、今回のテッラマードレは食材のほかに音楽もコラボしているのです。
なので、世界各国の伝統の音楽を聴けます。
食べるか、音楽を聴くか、シェフを探すべきなのかちと、頭の中は大混乱。
とりあえず、頭を冷やさなきゃ…。
だんだんと、人も増えていき、前が見えなくなってきます。
やっぱり外国の方は背が高い…。
前がまったくみえなくなります。

ジェラードで頭を冷やして。
ん?ゲゲゲゲっ、会場ってここだけだと思ったのに、
もしかして、この奥も会場があるのか!?
そうなのです。会場はここだけでなく、奥にもあったのです。
しかも、3倍の広さの会場が…!!
ちょ、ちょっと待ってよ!!こまる!こまる!!
さっきの会場でも、たっくさんのブースがあるのに!ここはもっとあるってこと!?
うれしこまってしまいました。

うっわー…。ここにも色んな食材…。

かわいい女の子が試食をどうぞ〜って、ここでも試食し放題。みんなやる気満々です。
あ!シェフ!発見!?
…人違いです。

見るものも、食べるものもありすぎて、そして広すぎて…。
どこから、何をすればいいんだ私は…。
昼ごはんの時間が回ってきたのですが、試食をずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとしてたので、おなかは空きません。
そして、ちょっと具合悪い…。
ようやくシェフ発見!
「シェフ!奥にも会場あるの知ってましたか!?」
「俺も今気づいたよ、すごいなー!」
「ん?何みてるんですか?」
「あったよ、これだよこれ。」

トリュフだーー!!
しかも、白とリュフがある!!
トリノといえば白トリュフ!!私は白トリュフをはじめてみました。
上にはガラスでふたをしてます。
試食は出来ませんが、香りを嗅ぐのはできます。
お!!本当に白トリュフは香りが強い!
お店で置いてある白トリュフオイルのあの香りの強さと同じぐらいフンワ!!っと香りが!!
「か、買うんすか?」
「そうだな。でも、ちょっとぐるっと回ってからだな」
しかし、数分後には白トリュフは誰かに買われてしまいました…。
シェフと再会でき、食欲も出てきたので遅い昼ごはんを食べることにしました。

モツの煮込みとワインとで…。結構なボリュームだあ!
おいしい!!…けど、ここでおなかいっぱいにしていいのかな〜と、複雑なきもちです。
そして、食後のジェラート♪
今日だけで、何個食べたっけ??
そして、また会場で試食を繰り返しだんだん夜が更けてきました。
バスに揺られ、2時間…
山奥のホテルに到着です。
「す、すごかった…」と、みんなクタクタです。
食堂には料理が準備されてます。
パスタや肉の煮込み、サラダ…と、ようやく普通の食事にありつけたような気がします。
シェフはワインを飲んでいたのですが、
私は疲れ果ててしまい。お酒を飲む気力はありませんでした。
そして、この夜は踊ることもなく、部屋にもどりすぐ眠ってしまいました。

4日目に続く…。
イタリア旅行記 - -
イタリア旅行記2日目
 


〜2日目〜





ジャカジャカジャカジャ〜ン♪
イタリアにふさわしくない携帯電話の目覚まし時計が鳴ります。
朝6時、目がパッチリ覚めました。
イタリアだぁ〜!
窓を開けます。
ん?暗いぞ??
6時なのに外はまだ真っ暗です。
イタリアの時間設定は日本とは違うのかな??
今日着る服に着替え、髪をセット。
7時には食堂で食事できるのですが、8時にみんなで食べに行く約束したので
かなり時間に余裕があります。
カラーン、カラーン…
6時半、外から鐘の音が鳴り響きます。
外もぼんやりと明るくなり、人も、車も徐々に出てきます。
鐘が行動の合図みたいな感じなのかな?
ミラノのホテルは一泊のみ、今日はトリノに移動になります。
トランクの荷物を整頓し、いつでも移動できるようにしておきます。
「おはようございます。…早いですね」
「そ、そう?」
興奮して眠れない…
7時回って、外は明るくなりました。


「そろそろ8時だね!食堂に行こう!」


わあお!!
一階の食堂に行くとビックリ!
パンから、チーズ、ハム、サラミ、お菓子、フルーツ、
デザートまで色んな食べ物がいっぱい!!
もう空いた口がふさがりません!
やっぱりイタリア!
ブラットオレンジジュースが普通に置いてあります。
果物柿なんてジュクジュクに熟していてたまんない!


どうしようどうしよう!
ここでおなかいっぱいにしたら外で食べれなくなってしまう…!
リコッタチーズ、モッツァレラ
おー!クッキーもババロアもあるー!
その中で面白かったのが、
生オレンジジュースマシーン
スイッチを押すと、オレンジが割られ、
絞られてジュースが出てきます。
んー!フレッシュ!

珍しくて、カメラをカシャカシャ…
すると定員さんに呼び止められました。
やべっ、写真禁止か…。





すると、定員さんはオレンジマシーンの隣に立ち、ポーズを…。
あ、撮っていいんですね。サービス精神たっぷりですね〜!

       
         …別のところでもポーズ。 ありがとうございます。



ホテルの朝食を堪能!
「出発の時間まだあるから、外に出てみない?」
「行きましょう行きましょう!」
ホテルの周りを散歩することに!

昨日の夜行った裏路地に行きます。
おりょ?どんよりと怖いところかと思ったけど、綺麗な街だ!





綺麗な花屋さんも朝早くやっています。
「わぁ、この花めずらしいのよ、買っていこうかしら?」
「荷物になりますよ。枯れるかもしれないし。」
あちゃ、思わず心の声が漏れてしまった。






「カフェでも飲んでいきましょう」
賛成!賛成〜!
本場のエスプレッソ!飲んでみたかったっす!

「カッフェ、ウーノ!」
約、0.8ユーロ
砂糖をたっぷり入れてググッと飲みました!
クレマがとても厚く出来ていて、とてもまろやかに感じました。
そして口の中に長〜くエスプレッソの味が残ります。
いいね〜!
私たち以外にエスプレッソを飲みに来るお客さんが来ます。
サッとエスプレッソをの飲んでサッと店を出ます。
かっこいい…!

そろそろ移動の時間がせまってきたのでホテルに戻ります。
イタリアのエレベーターって日本とちょっと違います。
”1階、2階、3階”ではなく
”0階、1階、2階”と、”0階”があるんです!
つまり、1階は2階ってことなんですね〜!
エレベーター乗り場の隣には靴磨きがありました。

記念に靴を磨こうっと!ガガガガガガ…
「それ、黒い靴用だよ!」
ゲゲゲっ

ホテルをチェックアウト!
バスに乗ります。
ミラノからトリノへ!約4時間ぐらいバスを走らせます。
高速道路を走る風景。
畑が続きます。
お米の畑かな?
ミラノの名物料理、リゾット アッラ ミラネーゼがあるからな!きっと米だ米!
  

広ーーーい高原や、葡萄の畑、とうもろこしらしき畑など
色んな風景が見えました。
とても、広くて、畑から家までの行き来がどうなってるのか気になっちゃうほどです。


シェフが突然むくっと起きました!
どうしたどうした!?

「パンダ!!」
シェフの愛車のパンダの工場発見!
「パンダ!パンダ!!」
昨日のカメラ事件以来、シェフは元気を取り戻しました。
よかったよかった。
パンダの工場があるってことは、ここはもう、ピエモンテっすねー!


高速を降りたらもうそこは街です。
トリノについたのです!
かわいい車や綺麗な建物が建っています。
「おッ!パンダパンダ!!」
シェフはパンダを見つけるたびに反応!
    
    道路では屋台が出てて、果物や、生ハム、服が売ってて、にぎわってます。

…しかし、イタリアの方は力もちだな〜!


やっとで会場に到着です。
いやー、長い移動だったーっ
会場は、トリノオリンピックが行われた場所っす
  
   サッカーのスタジアムがすぐそこにあります。
 




会場には世界中の人があつまります。
写真を一緒に撮ってほしいと外国の人が来ました!
もちろんいいっすよ〜!!
おりょ?
私と撮ってほしいじゃなくて、着物の方の撮りたかったって意味だったかな?
さて、会場に入りますか!
え!?こんなに遠いの!?
みんなツカツカと歩いていきます。




会場でJapanブースでパスをもらいます。
名前と国名とこれから泊まるホテルが書いてあります。
これを首からぶら下げて、会場に行き来できるようになるのです。
私はこれを財布代わりにつかいました。
つねに身につけるしね♪
色んな国の方々が集まってます。
「上の階で食事が出来ますので行きましょう」
よしゃ!ご飯ご飯♪
…もうほとんどない…。


でも、
チーズはまだありました
あとはかき集めて、どうにか食料をゲット。


そろそろ開会式がはじまります。
翻訳機を借ります。
装着の仕方はこんな感じ。


わお!すごい人だ…!
会場内は一気に埋まります。
開会式がスタート!生演奏が会場内に鳴り響き、各国の代表の方が国旗を持って降りてきます。
うおー!かっこいいーー!



各国の代表の方々が集まりました。
そして、スローフード代表の方々の演説が始まります。
でも、言葉わからない…
そんな時にこれ!

翻訳機の出番です!
通訳の人がスタンバイしていて、
翻訳した言葉がヘットホンに聞こえてくるのです!
雑音もなく、こんなにクリアに聞こえるなんてびっくり!

演説を聴いて、すこし時間があったので外へ抜け出してみました。
シェフ、ビールとパニーニを食べます。

私はまたまたエスプレッソ
うーん、やっぱりクレマが濃くて厚いなーっ



開会式は夕方までかかりました。
みんなホテルに戻るため、バスへ移動します。
ちょっと遠くにバスを止めてるらしいので歩きます。
みんなザクザクと歩きます。
ザクザク…。遠っ…
ザクザクザクザク…。
砂利の道などがあり、ちょっと大変です。
ありゃりゃ〜、結構遠いぞ〜!


や、やっとでついた〜…
ひーーーーっ、疲れたぁ〜…。

バスに乗って、歩き疲れたせいか、すぐに眠ってしまいました。
そして、ふと目を覚ましたのです。
な、なんだこの道は…!?
明かりもない急な道、外はうっすら霧に包まれ不気味です。
どうやら、山に登っているようです。
ホテルに到着。
よかった…。無事に着いた…
あー、どうなるかと思ったーっ
会場から2時間と離れたホテルに泊まることになっちゃいました。
 
ホテルでのご飯です。
ペンネ、トマトソース。パン。サラダ。
豚肉のソテーか牛肉ソテーか選べるのです。
あまりのクタクタに画像を取り忘れてしまった…。

部屋は一人部屋になりました。淡いピンク色のかわいいお部屋です。
さて、テレビでもみよっと… あれ?テレビないの!?テレビないーーー!?
シーーーーン…。音もなーい…。
イタリアに来て、このまま寝るのは勿体ない…。
外は山に囲まれて真っ暗で、近くに店も何もないし…。
あ、そうだ!下の階にダンスホールがあったな〜!行ってみようかな?

階段を下りると、同じホテルの宿泊者がいました。
「ハァイ」
「ハァイ」
「ダンスダンス??」
「イエス!」
「イッツダンスダンス!」
一緒に踊ることになりました!
一階に降りると、ダンスホールには人が6人ぐらい集まってました。
まったく全員言葉が通じませんが、仲間に入れてもらいました。

ハワイから来た方、カリフォルニアの方、ニューサンフランシスコの方…。
お酒も分けてもらいみんなで飲みました。
おっ!バルベラ・ダルバ!やっぱり現地のワインなんだな!

うわっ!おいしい〜!
味わいもハッキリしていて何も抵抗なく飲める!
現地のワインは現地で飲むのが一番なのかな??

飲んでいるうちに、みんな踊りだしました。
レゲェ、ロック、トランス、社交ダンスみないな踊りなど、色んな踊りを教えてもらいました!
「え?日本のダンス???うーーーん…。」
アワオドリ〜♪アワオドリ〜♪
…いまいち受けなかった…。


ブンブンブンブン踊ってあっという間に深夜…!

言葉が通じなくても、気持ちは通じるもんなんだな!
と、楽しい夜でした!

3日目に続く…

イタリア旅行記 - -
イタリア旅行記1日目
 


〜1日目〜

ついに初のイタリア!初のヨーロッパへ!!

今回、スローフード協会で行われる食の祭り

”テッラマードレ”に参加してきました!
ベトナム以来のひさしぶりの飛行機…!
イタリアまで約12時間かかるそうです。
12時間か〜…。どんな感じなんだろう??
受付にて席を取ります。
え??シェフとは離れている席になっちゃうの!?
こ…心細い…。


飛行機に乗ります。
シェフとは離れた席になり
隣には知らない日本人の女性が座りました。
「よろしくお願いします。」
「あ、どーも、よろしくお願いします。」

私は窓側の席になりました。
外を見れるのはうれしいけど、
トイレに立つ時かなり不便っす。
ま、12時間我慢できるっしょ。

飛行機が飛び立ちます。
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…
シュイーーーーーンンーーーーーーーー…!!
キーーーーーーン。耳が遠くなります。
おーーー、飛んでる飛んでるーー!!
約12時間、地から離れると考えると不思議な気持ちになります。




私の座った席は飛行機の羽のすぐ隣!
ゲゲゲゲゲゲ!飛行機の羽がビヨヨヨヨンってしなってる!
そして羽の後ろが開いたり閉じたりするのです!!
すっとワクワクしながら羽を見てました。



あっという真に飛行機は雲の上。
もう、雲がふかふかしてます。
シートベルトを外していいアナウンスが流れます。
いやいや、いつ何が起こるかわからないからね。

飛び出してから、数分後、機内食が配られます。
「洋食、和食どちらになさいますか?」
洋食はハンバーグ、和食は鮭になるそうです。
もちろん肉好きな私は洋食で♪

「申し訳ございません。洋食は終わってしまいました」
そ、そんな!肉ーーーーーーー!!!






ビールをグビグビ…。ま、イタリアについたらいっぱい食べるしね。
しばらくして…、うーん、トイレに行きたくなった…!!
「すいません、お手洗いに行ってもいいですか?」
「いいですよ」
隣の人とその隣の人も席を立ってもらいます。
「すいません〜」
ガゴっ!!
シートベルトつけたままだった!!
「アハハハハ…」
うぅぅ、恥ずかしい…

座席の前についているモニターは長時間の旅にとっても助かります。
今、どこにいるかわかるんです。


今、このくらいの高さで、速さで飛んでいるんだ!
上空はこんなに温度が低いのか!!
画面と窓の外をチラチラと見て一人大興奮!!
そして、不思議なことが!
飛行機に乗ったのが、14時ぐらいで、もう何時間も飛んでいるのに
夜が来ない!!なぜ?なぜ?なぜ〜??
たぶん、太陽を追いかけるように飛行機が飛んでいるのかな!??

機内食はまた出てきます。
シーチキンらしき物が入ったパン。
そして、もうしばらくして、いなり寿司とパスタ。
ウエップ。思ったよりボリュームが多く、おなかパンパンです。
ふぅーーー…。
あとの残り時間何しようかな…。
イタリア語ブックを読みます。
あぁ、駄目だ。飛行機の中で本を読むのは酔う!
現地について読もう。前の座席のかごにしまいました。
モニターで映画も見れます。








三谷幸喜監督の”ザ・マジックアワー”にハマッてしまった…!
ウプププププ…!!
笑いをこらえるのは大変!!
クゥーーーーーっ!!

あー面白かった!
ん?まだ到着まで時間あるな?
もう一回観ようっと!
プププププ…!!
こんなところシェフに見られたら
「お前!何しに来たんだ!」って怒られるだろうなぁ
席離れててよかったー


窓をのぞくと、雲が赤く染まっています。
あ!太陽がついに離れて行ったんだな!
雲が夕日に染まられ一面ピンク色!
すごく綺麗でした!!

飛行高度、速度、温度、距離が
だんだん少なくなって行きます。
あぁ!もう着くんだな!
ついに着くんだーー!!

飛行機が地上に着地する時、衝撃が来るのですが、
それすら感じないぐらい綺麗な着地でした。
…なかなかやるな機長!

みんな飛行機からぞろぞろと降りていきます。
ここからイタリア、前も後ろもわかりません。
とにかくシェフを見失わないようにいつ立つかジッと様子を見ます。
シェフ。立ちません。
痺れを切らした私は席を起ち、シェフの所へ
「おぉ、スーシェフ(?)」
「シェフ、行かないんすか?」
「人が降りたらな、先行ってて」
「え?えーーー??」
私は人の流れに飲まれて先に… 心細いっすよー



飛行機から降り
シェフとはすぐ合流できて一安心。
長時間座りっぱなしで足がむくみまくり!
シェフは顔がパンパンにむくんでます。
「いやー、飛行機長かったっすねー」
「スーシェフ(?)、ザ・マジックアワー二回も観てた?」
ギクっ  本当、侮れない…

ロビーには今回一緒に行動するツアーの方々が集まっていました。
「初めまして!よろしくお願いします!」
添乗員さんは誰かな?
「あなたですか?」
「いや、私は酒樽を運ぶのを頼まれただけで…」
ん?ん?ん〜???
「今日は、どこのホテルに泊まるんですか?」
「わかりません。」
ミステリーツアーのスタートです!!


みんなどうすればいいかわからずウロウロ…。
みんな不安そうです。
ま、どうにかなるんじゃなぁ〜い??

あ!!
イタリア語ブックがない…!!!
あぁぁ!!飛行機の座席の籠の中に置いてきてしまったーー!!しまったーー!!
私も一気に不安に。
「お前なー…ハァ」
シェフも呆れ返ってしまいました。ひーん



空港の受付の外にでました。
”テッラマードレ”と書かれた紙を持ったおじさんがいました。
あぁ!よかった!添乗員さん!!
カートが用意されみんなの荷物を一まとめに!
…って

おいおいおいおいおいおいおいおい!!
そんなに重ねちゃうの!?

そのまんま運んじゃうのーーー!??
そして一人で運んじゃうのかい!!

みんな状況をよく飲み込めず、着いていくしかありません…。

空港の外はもうイタリア!!イタリアのミラノに来たんだ!!
…、霧が濃っ!周りがよく見えません!
イタリアも湿度高いのかな??
用意されたバスに乗ります。
バスを走らせ数時間。
本日泊まるホテルに到着です。
おっ!なんかいい感じのホテルじゃな〜い?
とても綺麗なロビー!
みんな長距離の移動でクタクタです。
部屋のキーが渡されます。
21歳の女の子、寺田さんと一緒の部屋になりました!
「よろしくお願いします」
「よろしくお願いします」
部屋に入って外を観ます。

「あぁ〜、イタリアに来たんだなぁ〜!」
時間はまだ21時。
「ねぇねぇ!飲みに出よっか?」
「わぁ!いきましょう!」
ボサボサになった髪を直して寺田さんと外に出ることになりました!

部屋に入って外を観ます。

「あぁ〜、イタリアに来たんだなぁ〜!」
時間はまだ21時。
「ねぇねぇ!飲みに出よっか?」
「わぁ!いきましょう!」
ボサボサになった髪を直して寺田さんと外に出ることになりました!

「イタリアだねー」
「ですねーっ」
外はあまり人が出ていません。
「こっちの裏通りは人いるかな?」
裏路地に行くと人がいっぱい出てました!
バーとか並んでいて、飲んでいます。
「ところで、私イタリアブック忘れて来たんだけど、イタリア語できる?」
「いやー、できないんですよ〜」
「英語は話せる〜?」
「まったくわからないですよ〜」
…シーーン。
だんだん、裏路地にいる人たちがおっかなく見えてきました。
「声かけられたらどうしよっか…?」
「どうしましょう?」
そんな時、後ろから
「ハァイ」
ヒーーーーー!!!
早歩きでホテルに引き返しました。
「怖い怖い怖い怖い…!!」
さらに後ろから自転車がチリンチリンチリン!!
ヒャーーー!!
ホテルにダッシュで入りました!
「ゼェゼェ…。ホテルのバーで飲もうっか!」
「ゼェゼェ、そ、それがよさそうですね」
怖すぎて写真も取れませんでした。


ホテルのバーに行くとシェフがいました。
「おっ!シェフ、飲んでたんすか!誘ってくれてもいいのに、水臭いっすね〜」
シェフ、元気がありません。
「俺のカメラが…なくなった…」
「えぇ!?」
「さっき、ホテルのロビーでソファーに置き忘れて、気づいた時には…」
シェフが大学生の頃から大切にしていたカメラが置き引きにあったそうです。
「イタリアガイドブックも一緒で、それもなくなった…
                     俺も人のこと言えないな…。」
うわ…、シェフ無茶くちゃ弱くなっている…!!
ズーーーンと思い空気の中、ビールをいっぱいと、スパークリングワインを一杯頂いて部屋に戻りました。
よし!シャワーでも浴びて、明日に備えよう!
荷物をあけると洗面用具がグチャグチャ…。ほとんどの液体が飛び出ててミックス…ガーン

お!備えつきでシャンプーも石鹸も置いてある!ラッキー!
シャンプーでしょ?ボディーローションでしょ?石鹸でしょ?
もう一つ読めない液体がありました。
きっとコンデショナーだな!
すごく泡立って、キシキシする!げげげげ!間違えたっぽい!髪の毛キシキシ!
そんな感じで一日目が終わりました。

二日目へ


イタリア旅行記 - -
| 1/1 |
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.